静岡県環境ビジネス情報サイトエコマート静岡メニューへスキップ本文へスキップ

サイトマップ

ホーム >

コラム >「インターンシップから学んだことA」

ここから本文

コラム 学識者・企業人はこう考える!

インターンシップから学んだことA

 

現在は地球温暖化の防止のために様々な国で省エネの活動が行われています。日本では、2030年までにCO2の排出量を2013年比で26%削減することが閣議決定されました。現在の日本では業務ビルや家庭からのCO2排出量が国全体の約3割にものぼっており、さらに、ここ数年のCO2排出量のグラフ(右図)を見ると、業務部門(業務ビル)、家庭からのCO2排出量はますます増加しているのが分かります。

したがって、上記目標を達成するためには業務ビルの省エネ対策は重要な課題と思いました。今回のインターンでは様々な企業様の下に訪問させていただき、そこで行われている省エネ活動や静岡県環境資源協会とのかかわりについてお話を聞かせて頂きました。

企業訪問では、各企業の環境への意識の高さに驚かされました。静岡ガス様の本社ビルはZEB(Zero Energy Building)という、一次エネルギー使用量が正味0を実現できるビルのようで、様々なところに省エネの取り組みが見られました。空調システムは、電気を使わないかたちで実現されていて、非常に印象的でした。これは、地中熱が一年通して温度変化が小さいことを利用して、外気をいったん地中に通すことで温度変化にかかるエネルギーを下げつつ、コージェネレーターの排熱や太陽熱を用いて温度を調節しているので、夏冬季において特に使用電力の高い、冷暖房の省エネ効果がかなり大きくなっていると感じました。さらに、階段部分の天井を煙突にすることで、フロア内の換気が自然にされるので、一般的な換気システムを必要としません。仮に部署内で変更があったとしてもレイアウトを自由に決められる、フロア内に柱のない設計は新鮮で興味深かったです。


協会は企業の省エネの指導・手助けを行っています。仮に企業が省エネに取り組もうとしても、そこに省エネに関する専門家の不在やコスト面の制約から効果を得られずに終わってしまう可能性も考えられます。協会は補助金を交付したり、企業と専門家の橋渡しとなることで、企業のサポートを行っています。現在は環境省に委託された“業務用ビル等における省CO2促進事業”や“エコアクション21”など様々な活動を行っています。上述したように、今後業務ビルの省エネ化は重要な課題となると思いますので、協会は今後の地球温暖化防止を進めていくうえで重要な役割を担っていると感じました。

 

平成28年12月(執筆はH28年10月)

 

静岡県立大学 相内

 

前に戻る