静岡県環境ビジネス情報サイトエコマート静岡メニューへスキップ本文へスキップ

サイトマップ

ホーム >

コラム >「Emanage(エマネージ)」で作る新しいビジネスモデル( パナソニック株式会社エコソリューションズ社 静岡営業所 営業所長 中岡 孝文 氏 )

ここから本文

コラム 学識者・企業人はこう考える!

- 「Emanage(エマネージ)」で作る新しいビジネスモデル - パナソニック株式会社エコソリューションズ社 静岡営業所 営業所長 中岡 孝文 氏 )

「Emanage(エマネージ)」で作る新しいビジネスモデル 

 

●国際公約の実現に向けた指針の中で重要な役割をになうBEMSの導入

 

政府は2030年までに2013年比で26%の温室効果ガスを削減する目標値を設定。

経済成長を続けながらこの目標を達成するためには、産業・家庭・業務・運輸の各部門が様々な取り組みを実施する必要があります。

その中でも特に注目されているのがBEMS。

2030年の導入率を現在の6%から47%に上げるという指針が示されています。

 

 

●BEMS未普及の高圧小口需要家様へEmanage(エマネージ)を導入し、寄り添う営業を

 

Emanage(エマネージ)は、当社が提供する商品、ASPサービスに加え、EM工事会社様(電気工事業者)がお客様にご提供するエネルギー管理支援サービスをパッケージ化したオールインワン商材です。

50kw〜500Kwの高圧小口需要家様の事業所では設備管理者がおらず、エネルギー管理が進んでいないケースが多く見られます。

そこでEmanage(エマネージ)を活用し、EM工事会社様が管理代行することで、新たなBEMS市場を構築。

お客様の気づかない課題を顕在化し、お客様と一緒に解決策を見出す「寄り添う営業」を実践出来ます。

 

 

●全国の様々な業種・業態へのEmanage(エマネージ)導入で省エネ・省コストを実現

 

カーディーラー様の導入事例では、エネルギー分析により、EV充電器を使用している時にピークが発生するというカーディーラーならではの原因をつきとめ、対策を実施。

多店舗展開されているドラッグストア様では10店舗を一元管理し、様々な指標を用いて店舗を分析。

ホールのある公共施設では、照明のLED化、空調機、ポンプのインバータ化に加え、省エネ型自動販売機への切替になども踏み込んだご提案を実施しています。


 

 

 

平成28年11月(執筆はH28年9月)

 

パナソニック株式会社エコソリューションズ社

静岡営業所 営業所長 中岡 孝文

 

前に戻る