静岡県環境ビジネス情報サイトエコマート静岡メニューへスキップ本文へスキップ

サイトマップ

ホーム >

コラム >静岡県省エネルギー推進協議会をご活用ください(静岡県省エネルギー推進協議会 専門員  (富士ツバメ株式会社営業本部営業部次長) 松 木 智 宏 氏 )

ここから本文

コラム 学識者・企業人はこう考える!

- 静岡県省エネルギー推進協議会をご活用ください - (静岡県省エネルギー推進協議会 専門員 (富士ツバメ株式会社営業本部営業部次長) 松 木 智 宏 氏 )

1.はじめに
 静岡県省エネルギー推進協議会は、一般社団法人静岡県環境資源協会の下部組織として、平成27年2月に発足しました。県内の事業者に対し、エネルギー問題への対応、CO2削減への対応(低炭素型社会の構築)と共に、経営メリット(省エネ=収益増加→経営強化)を生み出す支援を行っています。合わせて、県内企業の持つ省エネ技術の研究・普及も図っています。メンバーとして行政機関、金融機関、メーカー、エネルギー事業者、設備工事会社等が参加しています。


 

2.静岡県省エネルギー推進協議会の役割
事業者が省エネを推進するには、もちろん経営者や従業員の省エネ意識や節電等の具体的な取り組みが必要となりますが、心がけや工夫では限界があります。そこで、生産や空調等に関する設備の更新で省エネを目指すケースが多く、国の施策も補助金や減税等様々なものがあります。
しかし、事業者が自力で省エネを果たしたり、補助金や減税を活用するのは、相応の労力を必要とし、敷居が高いのが現状です。そこで静岡県省エネルギー推進協議会では、具体的な支援策として、省エネに向けた相談やお金をかけない運用改善、設備更新等の支援を実施しています。
当協議会をご活用頂くメリットは、絵の通りワンストップで支援が可能なことです。設備選定・資金・省エネ効果・補助金申請・施工等々、様々な形の支援が可能ですので、是非お気軽にご利用ください


 

3.終わりに
温室効果ガスの排出量削減が世界的な課題となっている現在、環境負荷の低減は、国、自治体、事業者の社会的責任として強く求められる時代になりました。国としても、省エネと経済活性化の両面から、省エネ対策予算として補助金の大幅な増額を予定しています(2015年度410億円→2016年度概算要求で1,260億円)。
補助金の活用は、省エネ化、設備更新の好機でもあります。事前相談は無料となっておりますので、どうぞお気軽にご活用ください。また、私の所属する富士ツバメ株式会社では、LPガス販売が本業ではありますが、生産設備・空調・照明等の導入支援、また補助金活用について、エネルギー事業者と設備工事業者の両面から支援しておりますので、合わせてご活用ください。


なお、12月24日(木)には、一般社団法人静岡県環境資源協会主催のセミナーが開催され、地域の省エネや新エネの取り組み発表、国の担当者を招いての政策説明、省エネノウハウを持った事業者からの情報提供等が予定されています。最新の情報を入手できる絶好の機会になると思われますので、奮ってご参加ください。

 

平成27年12月(執筆は10月末)

 

静岡県省エネルギー推進協議会 専門員 
(富士ツバメ株式会社営業本部営業部次長)
松 木 智 宏

 

前に戻る