静岡県環境ビジネス情報サイトエコマート静岡メニューへスキップ本文へスキップ

サイトマップ

ホーム >

コラム >しずおか信用金庫の環境への取り組み(しずおか信用金庫 経営企画部 CSR担当 伊藤香  氏)

ここから本文

コラム 学識者・企業人はこう考える!

- しずおか信用金庫の環境への取り組み - しずおか信用金庫 経営企画部 CSR担当 伊藤香 氏

 当金庫は静岡市に本店を置く地域金融機関として昭和6年に設立し、これまで約80年余りの歴史を歩んでまいりました。当金庫が取組む主な環境活動としましては、「環境に配慮した事業活動」「環境に配慮した商品の取扱い」「地域の里山の保全活動」が挙げられ、「環境に配慮した事業活動」としては、節電を始めとした省エネルギー活動のほか、廃棄物、排水量等の削減に努めております。特に東日本大震災発生後はATMの稼働時間短縮、パソコンの省エネ設定等、節電対策を積極的に推進することで大幅な使用量削減、さらには役職員の環境に対する意識向上といった効果もありました。

 

 次に、「環境に配慮した商品の取扱い」として、当金庫では環境配慮型の金利優遇融資商品を取扱っております。具体的には事業者が環境に配慮した設備投資等を行う際に一定の条件を満たすと、通常金利よりも優遇した利率で融資を受けられるというものです。こちらの商品はエコアクション21、ISO等といった環境認証を取得するための初期費用も対象としており、地元企業の環境経営支援も目的としております。また、個人のお客様に対しても環境配慮型車両、太陽光発電等の購入を目的とした金利優遇商品を取扱い、地域の環境活動をサポートしております。

 

 3つ目に「地域の里山の保全活動」として、平成22年10月より当金庫本店近隣にある里山「谷津山」の再生活動に取組んでおります。こちらは放置竹林の下草刈り、竹の伐採を主な活動としているほか、平成23年3月には当金庫創立80周年を記念した植樹も実施しました。現在は谷津山に関するイベントへの参加、情報発信等、地域に対する環境教育活動に取組み、自然豊かな環境を未来へ受け継ぐための活動にも注力しております。例を挙げますと、子どもたちを対象にした体験講座「谷津山の竹を使った貯金箱作り」を開催し、金融機関としての視点も取り入れ「自然」と「お金」の大切さを伝える活動を行うほか、谷津山に多くの方々が訪れるよう、ハイキングコース用案内看板を設置し、その魅力を発信しております。

 

 最後になりましたが、これらの環境活動に取組む指針として掲げているのが、当金庫が平成20年より取組んでおります、環境マネジメントシステム「エコアクション21」です。認証・登録取得当初は廃棄物排出量や電力、排水量等の削減が主な活動でしたが、継続的に取組む中で、当金庫独自の活動を順次取り入れ、内容の充実を図っております。今後も地域に根差す金融機関として、役職員が率先して環境活動に取組んで参ります。

 

エコアクション21

http://www.shizushin.co.jp/about/area/ea21/index.html

谷津山再生活動

http://www.shizushin.co.jp/about/area/yatsuyama/index.html

 


 

 

 

平成26年10月

 

しずおか信用金庫 経営企画部

CSR担当 伊藤香

 

 

前に戻る