静岡県環境ビジネス情報サイトエコマート静岡メニューへスキップ本文へスキップ

サイトマップ

ホーム >

コラム >2014NEW環境展(同時開催:2014地球温暖化防止展)静岡県環境ビジネス協議会視察会

ここから本文

コラム 学識者・企業人はこう考える!

- 2014NEW環境展(同時開催:2014地球温暖化防止展) - 静岡県環境ビジネス協議会視察会

 

 アジア級の環境展である2014NEW環境展が、平成26年5月27日(火)〜30日(金)まで、東京都の国際展示場――東京ビッグサイトで開催されました。(主催:日報ビジネス株式会社)

 

 NEW環境展は平成4年に廃棄物処理展として始まり、平成12年から環境分野を広くカバーしようとNEW環境展に名称変更され開催されています。廃棄物処理に関する出展が多いビジネス主体とした展示会で、廃棄物処理業者だけでなく、3Rをはじめとしたごみ減量に取り組む市民・団体、行政からも人気のある見本市です。

 今回は環境ビジネス協議会の視察会として参加してきました。

 

出展規模

2014NEW環境展

487社 1,849小間

昨年/484社 1,783小間

 

<参考>同時開催

2014地球温暖化防止展

130社 246小間

昨年/121社 280小間

 

来場者数 167,210名(4日間延べ数)

 

 例年通り、プラスチックの破砕選別装置や缶類の分別装置などのほか、今年の出展内容で多く見られたのがバイオマス関連の機械・装置でした。小型のものから移動式、大型の機械まで、木質系を対象とした多種多様な破砕機等が出展されていました。

 

 海外勢の出展も20社ほどあり、ヨーロッパをはじめとした世界各国から大型の木質系破砕機等が実物展示され、木質利用先進国による日本市場への力の入れようが伺えました。

 

 また、県内企業の出展もあり、以前にエコマート静岡でもご紹介した静岡市の廃棄物処理装置メーカーである株式会社プラントシステム、浜松市の重機アタッチメントメーカーの丸順重工株式会社のブースも賑わっていました。

 

株式会社プラントシステムの混合廃棄物選別装置

丸順重工株式会社の重機アタッチメント

木質バイオマス関連装置(選別機)

木質バイオマス関連装置(移動式破砕機)

タイヤ破砕機

 

 

前に戻る