静岡県環境ビジネス情報サイトエコマート静岡メニューへスキップ本文へスキップ

サイトマップ

ホーム >

コラム >フジゼロックス環境活動の紹介(フジゼロックス静岡株式会社 マーケティングサポート部長 坂部 孝一郎 氏 )

ここから本文

コラム 学識者・企業人はこう考える!

- フジゼロックス環境活動の紹介 - フジゼロックス静岡株式会社 マーケティングサポート部長 坂部 孝一郎 氏

 

弊社は、富士ゼロックス及び関連会社における中部地区の地域会社として、デジタル複合機、プリンター、ソフトウエアなどのIT関連商品と各種消耗品の販売並びにサービスの提供を主たる事業としています。環境活動におきましては、環境マネジメントシステムを構築し、継続的に改善に取り組んでおり、2002年にISO14001を取得しました。

以降、現在までの主な環境活動としまして

@ お客様のオフィスの環境改善を実現する低環境負荷型のプリンター(低騒音・低TEC値)の販売並びに弊社社内での使用

A オフィスの紙の削減に寄与するソフトウエアであるDocuWorks(ドキュワークス:以後DW)の販売とDWを組入れた仕組みの開発

B 用紙・電力・ガソリンの削減ならびに廃棄物の排出抑制・再資源化

を展開してまいりました。

 これらの活動のなかでも、お客様および自社内のオフィス環境を大きく改善し、コピー用紙の使用量削減に寄与したのが前掲のドキュメントハンドリングソフトウエアであるDWの導入でした。弊社における導入効果を紹介しますと。DWの導入により社内書類の作成承認などの書類の流れ、会議の進め方、情報の伝達掲示等、多くの業務や仕組み、仕事の進め方が変化改善し、結果としてコピー用紙の大幅な削減につながりました。2006年度の年間用紙使用量は221万枚でしたが2011年度には157万枚(約3割削減)にまで減じることができました。

 さて、話はかわりますが、2011年の東日本大震災から2年余りが経過しました。

この震災を機に各地で節電活動が行われましたが弊社も2011年6月から2012年3月まで対前年15%削減を目標に『緊急節電』を実施し「蛍光灯の間引き・LED化」「パソコンの省エネ設定」「自販機の省エネ対策」等多くの施策を展開しました。既に2002年のISO14001取得時から節電活動は実施していましたが前年比1%削減がやっとの状態でありました。しかしながら、各施策を見直しさらに徹底展開を図ったところ、結果として15%削減を達成できたのです(正確には14.7%の削減率)。東部地区の計画(強制)停電の効果を含むとはいえ大きな成果でした。「成せば成る」の教訓とともに東日本大震災が人々の心に与えた影響の大きさを改めて痛感した次第です。

 最後になりますが、私たちは地球環境の保全が企業の社会的責任の1つであると認識し、事業活動を通して「持続可能な社会」の実現に今後も積極的に取り組んでいく所存であります。

 

平成25年5月(4月執筆)

フジゼロックス静岡株式会社

マーケティングサポート部長 坂部 孝一郎

前に戻る