静岡県環境ビジネス情報サイトエコマート静岡メニューへスキップ本文へスキップ

サイトマップ

ホーム >

コラム >快適で省エネな住まい(株式会社建築工房わたなべ 代表取締役 渡邉泰敏 氏 )

ここから本文

コラム 学識者・企業人はこう考える!

- 快適で省エネな住まい - 株式会社建築工房わたなべ 代表取締役 渡邉泰敏 氏

家庭での省エネルギー促進にあたって、エアコンの設定温度を適正にする、使っていない部屋の照明を消すなどの「省エネ行動を実践する」や「省エネルギー性能の高い設備機器や電化製品を使用する」などは広く認知されていますが、まだあまり知られていない大切なもうひとつの柱があります。それは、「住宅の省エネ性能を高める」ということです。

 

「住宅の省エネ性能を高める」という時に、皆さんに知っていただきたい言葉があります。それは「パッシブデザイン」という言葉です。「パッシブデザイン」とは「建物のあり方」によって心地よさを生み出す設計手法のことです。太陽の光を十分に採り入れ、風を通し、冬には太陽の熱を活用します。

 

さらに建物の断熱と気密を十分に図り、夏には日射を遮るといった事柄を建物の設計によって実現させるのです。そうした設計を行うことによって、エネルギーを消費する設備機器等にあまり頼らず、四季を通じて心地よい室内環境を実現させることができるようになります。

 

こうしたパッシブデザインの一部はわが国の伝統的な住宅に備えられていました。地域の気候に合わせた地域型の家づくりが存在していたのです。しかし、近年の家づくりは全国画一型になり、人工照明や冷暖房機器に頼ったものになっているように感じます。家庭部門のエネルギー消費量増加原因の一つは、設計に配慮することなく、簡単なエアコンなどで冷暖房を行い、力ずくで環境を整えてきたことにあります。

 

建てた後でも比較的更新が容易な省エネ性能の高い最新機器の採用よりも、まずは断熱・気密や通風、日射遮蔽などの「パッシブデザイン」を積極的に取り入れ、空調負荷をはじめとするエネルギー消費量を減らす設計を行うことが大切なのです。

 

今はやりの太陽光発電も非常にエコなものではありますが、太陽光発電を屋根に載せても住まいの快適性は向上しません。大切なのは、まずは住まいの基本性能を高め、快適でエネルギー消費量の少ない住宅とすることです。そしてその上で太陽光発電や太陽熱給湯システム等を検討する、というのが正しい家づくりの順序だと思います。家づくりを考えている方に目指していただきたいのは、我慢して省エネな住まいではなく、快適で省エネな住まいです。

 

住宅の断熱性能の向上は、省エネや住む人の快適性の向上だけでなく、健康にも大きな影響を及ぼします。断熱性能の低い住宅の場合、暖房がないトイレや浴室は冷え込み、居室との間に大きな温度差が生じます。暖められていた体が、暖房されていないトイレや廊下などへ出たとたん、温度差でヒートショックが起こりやすくなるのです。東京ガス都市生活研究所によると、一年間にヒートショックが原因で亡くなる人の数は交通事故による死者の約2.4倍の推定14,000人にのぼると言うことです。

 

新築や耐震改修などの大規模リフォームなどを検討されている方をはじめ、皆さんにも「住宅の省エネ性能を高める」ことの重要性を知っていただきたいと思います。

 

平成24年9月(平成24年7月執筆)

株式会社建築工房わたなべ

代表取締役 渡邉泰敏

 

 
前に戻る