静岡県環境ビジネス情報サイトエコマート静岡メニューへスキップ本文へスキップ

サイトマップ

ホーム > ビジネス事例紹介>アルミ素材で需要を掘り起こしここから本文

ビジネス事例紹介 環境ビジネス成功の秘訣

アルミ素材で需要を掘り起こし

株式会社向田(むかいだ)工業所

創業:昭和35年
資本金:1,000万円
従業員数:7名

普段何気なく使っているクリップボードにおいて、紙製やプラスチック製では不便な業界があることをご存知ですか。今回はクリップボードのニッチ市場に目を付け、アルミ製のクリップボードを開発、製造している向田工業所(藤枝市)の代表取締役 向田 博 氏にお話を伺いました。

会社概要

当社は昭和35年にアルミ製の箱の製造企業として、静岡市で創業したアルミ加工の専門企業です。金融機関・警備会社等で使用される現金輸送箱や選挙用投票箱等の製造からはじまり、選挙の投票場で使用する記載台、スロープ、アルミの通い箱やテレビ局のカメラ等を入れる機材ボックス等を完全オーダーメイドで製造しています。
また新しい機械の導入をきっかけにパンチングアート(アルミの板に大きさの異なるたくさんの穴を開けることで絵のように表現するもの)等も手掛けるようになりました。アルミ製の投票箱は全国に先駆けて当社が開発した製品で、向田式投票箱という名は全国で知られています。


パンチングアート


パンチングアート(拡大)

アルミの特徴

誰もが知っているアルミという素材ですが、その特性はあまり知られていません。まずはアルミの特性を以下にお示しいたします。

軽い:比重が鉄の1/3と大変軽いため、女性にもやさしいです

丈夫:重量当たりの強度(比強度)が大変強く、また腐食にも強いです。現金輸送箱等は10〜20年以上の耐久性があります。

見た目:他の金属に類を見ない美しい銀白色です。アルマイト処理という表面処理技術によってできる酸化被膜が美しさが保たれる理由です。

無毒:アルミ自体に毒性はなく、食品類に接してもOKです。

電磁波を反射:光や電波を反射します(純度に比例)。放射エネルギーの90%以上を反射する特性を持ったものもあります。

リサイクル:再生地金をつくるエネルギーは、ボーキサイトからアルミ新地金を作る場合と比較して3%程度です。そのためアルミ製品のスクラップは他の材料と比較すると価値が高くリサイクルも進んでいます。また、現金輸送箱等、使用後は当社にて分解・分類し、ほとんどすべての部品をリサイクルしています。

化学薬品に強い:アルコールやオキシドール等の化学薬品に非常に強いため、薬品ケースなどにも使用されています。

被膜が厚くならない:鉄は被膜加工にメッキ、アルミはアルマイトが一般的です。メッキは他の金属膜を鉄の表面に重ねるため厚くなりますが、アルミは表面を溶かすことで酸化アルミに変化して被膜をつくるため厚くなりません。そのためはがれることもありません。

錆びない:全く錆びないわけではありませんが、錆に大変強いです。

加工がしやすい:加工がしやすいため工賃が安く上がり、オーダーメイドでも安価に製造可能です。

新品のアルミ箱(左)とリサイクルのため持ち込まれたアルミ箱(18年経過)(右)

アルミ製クリップボード「アルミセーフティー クリップボード」

クリップボードは、プラスチック等の樹脂製や紙製が一般的で、最近は100円ショップでも容易に手に入ります。しかし、食品会社や製薬会社、化粧品会社の研究開発、製造の現場では衛生管理の徹底のため、クリップボードも洗浄や殺菌が日々行われるようです。すると樹脂製や紙製のクリップボードでは交換のサイクルが早くならざるを得ず、結果として廃棄物や二酸化炭素排出量の増加に繋がっておりました。

当社の考案したアルミ製のクリップボード「アルミセーフティー クリップボード」は、少しぶつけたくらいでは欠けたり破損せず、水や薬品等で変形・変質・腐食せず衛生的、また耐久性が高いため長く使えます。
2009年に販売を開始、当初は月に数枚の販売でしたが、大手の食品製造業者様で採用をいただいたことをきっかけに、現在は月に数百枚程度の製造・販売となりました。 仕様は、厚さが通常1.5o(1.0oも可能)、サイズはB5、A4、A3が中心ですが、どんなサイズにもお応えします。またクリップの位置やクリップの数、穴あけなどにも対応しています。


アルミセーフティー クリップボード

一言PR

たくさんの皆様に向田工業所の「アルミセーフティー クリップボード」をご利用いただければと思います。
只今販売代理店様を募集しています(特に関東以北)ので、お気軽にお問い合わせください。



向田 博(むかいだ ひろし)
株式会社向田工業所代表取締役

株式会社向田工業所
藤枝市岡部町岡部1826-1
電話:054-667-7000 FAX:054-667-7001
URL:http://www.mukaida.co.jp/


前に戻る