静岡県環境ビジネス情報サイトエコマート静岡メニューへスキップ本文へスキップ

サイトマップ

ホーム >

ビジネス事例紹介 >重機の電動化事例  〜作業環境の改善と温暖化防止〜(都商事株式会社)

ここから本文

ビジネス事例紹介 環境ビジネス成功の秘訣

重機の電動化事例 〜作業環境の改善と温暖化防止〜(都商事株式会社)

都商事株式会社

設立年:昭和30年10月
資本金:1,000万円
従業員数:20名

エンジン式の油圧ショベルから発生する排気ガスと騒音による作業環境の改善を目指して、都商事株式会社では、自社保有重機のエンジンを外し、モーターへ乗せ換えを行いました。今回はその背景やエンジンとモーターの比較等について、都商事株式会社 会長宮原徹氏にお話を伺いました。

都商事株式会社はリサイクルを通して、『明るい職場』、『信頼される平和企業』を目指します!


企業概要

当社は静岡市清水区にて、産業廃棄物の収集運搬・中間処分業を行っています。特に金属くずには力を入れており、大型プレス機、ギロチン、シュレッダーを備え、様々な形態の金属屑に対応しています。中間処分の許可品目は廃プラスチック類、金属くず、ガラスくず及び陶磁器くず、がれき類で、再生事業者登録も取得しています。また平成13年に家電リサイクル指定引取の認定を取得、平成17年には自動車リサイクル引取・破砕許可を取得しました。

都商事株式会社本社

油圧ショベルの電動化

廃プラの中間処理施設では、建屋内で油圧ショベルを使用していますが、排気ガスと騒音による作業環境の改善が課題でした。

重機メーカーは、新車では電動やハイブリッド式の油圧ショベルを発表しているものの、既存の重機を電動に変更する動きはありません。

そこで電動化の構想を練り、構想開始から1年後の平成27年12月、エンジン式油圧ショベルの電動化の作業に着手しました。作業は全て自分たちで行い、社員や重機メンテナンスメーカー、工業組合メンバー等の協力を得て、3ヵ月後の平成28年2月、油圧ショベルの電動化に成功しました。

改造した油圧ショベルはPC78(バケット容量0.28立米)、搭載されたエンジンやラジエター等を取り外して、オーバーホールした中古の37kwのモーターを据え付けました。

電源は200Vのケーブルを天井部分に這わせているため、約660平米の建屋内を自由に移動可能です。業界紙で掲載されたところ、全国から問い合わせが入っています。

モーターに乗せ変えた油圧ショベル

エンジン式との比較

実際に電動重機を操作する同社千葉隆義主任は、「導入後、作業性や作業効率に違いはありません。排気ガスの発生はなくなり、エンジンからの騒音もなく、以前に比べて作業環境が大変よくなりました。エンジン排熱もないため、夏はこれまでより快適に作業ができるのではないかと期待しています。」

メリットはこれだけではありませんでした。ガソリンから電気に変わったことによるコストメリットは約20~30%、更にオイルや冷却水、これらに使う各種フィルター等が不要になりました。またエンジンによる振動がないため、重機の寿命が延びるという専門家のご意見もあります。ISO14001やエコアクション21等の環境マネジメントに取組む企業には、二酸化炭素削減という面からも貢献します。

現段階では、法規制等もなく、メーカーの保守もエンジン以外の部分であれば受けることができます。ただし、下取りの際には、エンジン式と比較すると査定が低いようです。

搭載した37kwモーター

規制強化と対応策

現在、ディーゼル車の排気ガス中に含まれる窒素酸化物の規制強化対応のため、高価な尿素SCRシステム等が大型トラックに装備されています。規制強化は2014年から大型重機にも範囲が広がり、順次、小型の重機も対応を迫られるでしょう。近い将来には、我々にも同様な排ガス規制がかかるといわれており、多額の設備投資を覚悟しなければなりません。

一方、重機の電動化については、ほとんどの油圧ショベルが対応できると考えています。

今回は初めての試みだったこともあり、約3ヶ月の期間を要しましたが、今後は1ヶ月程度で交換できると思います。交換にかかった費用は、中古のモーターと始動用のスターデルタの部品代です。我々中小企業を取り巻く環境は依然として大変厳しい状態にありますが、法令順守は絶対です。

当社としては、関心のある方がいらっしゃるようであれば、電動化の方法について情報公開していきたいと考えています。

スターデルタ

廃棄物処理の業界では、建屋内で油圧ショベル等の重機を使用している事業者は数多くいます。そこで働く人たちの作業環境を向上することは、業界全体のレベルアップに繋がります。

今後も、作業環境の向上のため、保有重機の電動化を進める一方、当社のリサイクル率の向上のための設備投資を行い、社会に貢献していきたいと思います。

(写真右)
宮原 徹(みやはら とおる)
都商事株式会社 会長

(写真左)
千葉 隆義(ちば たかよし)
都商事株式会社 主任

 

都商事株式会社http://miyakoshoji.jp/
本社 静岡市清水区半左衛門新田30
TEL:054-347-1177 FAX:054-347-1254
お問い合わせ http://miyakoshoji.jp/contact/


 

前に戻る