静岡県環境ビジネス情報サイトエコマート静岡メニューへスキップ本文へスキップ

サイトマップ

ホーム >

ビジネス事例紹介 > 紙の可能性を追求する(アイパックス イケタニ株式会社)

ここから本文

ビジネス事例紹介 環境ビジネス成功の秘訣

紙の可能性を追求する(アイパックス イケタニ株式会社)

アイパックス イケタニ株式会社

設立年月:昭和22年4月
資本金:2千万円
従業員数:180名

我々の生活の様々な場面で活躍している「紙」、特に製紙業は静岡県の基幹産業であり、「紙」に係わる事業を行う企業が多い。今回は、富士宮市内で昭和22年から紙箱製造を手がけている、アイパックス イケタニ株式会社の小孫氏と松尾氏のお二人にお話を伺った。


---貴社の概要について教えて下さい。

はい、当社は、医薬・医療機・日用品や食品などの印刷パッケージ製造販売・ダンボール箱製造・販売、プラダン(プラスチック製ダンボール)製造販売、平巻紙管製造・販売、包装資材販売、等を業として行っております。さまざまな箱を、トータルで顧客へコーディネートし、提案をすることを目的としています。

また平成11年頃からは、紙製の食品トレーや鉢など様々な紙製品の製造販売なども手がけています。

紙箱の企画〜製造〜販売を、すべて顧客からの依頼で生産を行う「受注スタイル」で、無駄な在庫が不要などの利点がある反面、依頼がこないと仕事がないというリスクがあるため、恒久的に継続できる事業に乗り出すべく、食品トレーや鉢の製造〜販売を始めました。まず一つ目は紙製の食品トレーです。

様々な紙箱

紙製の食品トレー

---コンビニで買うお弁当のプラスチックトレーを、そのまま紙製に置き換えたものですね。紙製の食品トレーでこういうタイプは初めて見ました。たまにお弁当屋さんなどで見かける紙製容器は、長方形で四隅をホチキスで止めてあるものですよね。

そうですね、この手の紙製食品トレー、日本では馴染みがありませんが、中国ではお弁当容器として日常的に利用されているんですよ。こちらの商品の最大の特徴は、非木材パルプである「葦(あし)」を原料としている点です。

食品トレー、特にお弁当用トレーは、通常は1度使用すれば破棄される、いわゆる「使い捨て」商品です。リサイクルされない上に、大量に排出されるお弁当用のトレーに木材パルプを使用すれば、森林破壊に起因することは明白です。ですから葦を使用することは、放置されている葦の利用という意味でも環境保全の面からも大変に意味のあるものです。

またこれら紙製容器は、プラスチック製容器同様、レンジ使用が可能で、耐水性・耐油性にも優れた性能を備えています。さらにプラスチック製容器は、焼却すると有害物質や多量のCO2が発生しますが、紙製の容器では有害物質の発生がなく、CO2の排出量も少なくて済みますし、その上古紙としても再利用できます。

ただし、当社には紙製食品トレーの製造ラインがなかったため、作るとなると巨額の設備投資が必要でした。失敗すれば、会社の存続を左右する事態になってしまいます。そこで紙製容器の本場である中国で企画〜製造を行い、それを日本で流通させるような方法をとることにしました。

そして実際に中国で製造を行う準備も整い、「いよいよ日本で営業をかけよう」という矢先、「直接食品に触れる容器を輸入して使用すること」が食品衛生法等、関係法令により規制されていることが判明しました。色々とすったもんだありましたが、現時点ではハードルが高いため、実現には至っておりませんが、何時の日かこれらの商品が日本の市場に流れる事を夢見てコツコツと努力を重ねております。

同時に食品トレーのみが当社の取扱い商品ではありません。 下の商品をご覧ください。

---左は何かの容器、あ、これは鉢ですね。右のものは、これはなんですか?

はい、左は鉢です。右のものはワインの瓶の緩衝材です。当社は、ワイン産地である山梨県にも事業所がございまして、この商品を、是非、山梨のワイン工場やリンゴ、梨、トマトなどの農家の皆さんに緩衝材として使っていただけるように営業を展開しているところです。緩衝材は、一度使用されると、特に末端である消費者の手元に行った場合、破棄されることがほとんどですから、古紙や非木材パルプを原料にする意義が明確です。同時にこれらも古紙としてリサイクルも可能です。

また鉢に関しては、当社での製品名をリードポットといい、古紙が原料で、長期間の耐水性・耐油性はありませんが、紙のやわらかな風合いに植物を合わせられることが最大の特徴です。

使用先は、ほとんどが結婚式の会場装花用として使っていただいています。と、いうのは、会場の円卓にそれぞれ花が飾ってありますよね、全て花屋さんが装花〜片付けまで担当していて、使用する花器も花屋さんのものなんですが、式終了後に花器ごと持っていかれてしまうことが多いらしいんです。リードポットを御利用していただければ、お客さんも持って帰りやすいですし、花屋さんも予算や使い勝手の面からメリットが多いということでご支持をいただいている隠れた人気商品なんです。

 

次のページへ

前に戻る